FC2ブログ

味噌煮込みうどん始めました。

9月に入り急に秋の季節を感じるようになりました。

中秋のお月さまも過ぎてしまいましたね。
まだまだ、暑いと思っていましたが、
なんだか本当に朝晩は寒いなぁ~と
感じますね。

先日ご案内した通り、
「味噌煮込みうどん」の販売を昨日からすることにいたしました。

来店されるお客さまも
「味噌煮込みうどん」まだ~~~
・・・とおっしゃられる方が多く昨日から販売しました。
    091301.jpg
       《ご家庭用なので簡易包装になっています》

小麦粉の配合は煮込みうどん専用です。
コシの出る特長を持った日清製粉の小麦粉の割合を多くし、
加水の塩分は普通のうどんよりずっと、ずっと控えています。
 (水に近いくらいかな?)
捏ねる時間は気温にもよりますが、
長めの10分~13分を目安にしています。

この秘訣でコシが強く、コクのある味噌によくなじむ麺ができます。

味噌煮込みうどん」は
  2食入りスープ付・・・360円


9月12日から店頭で販売しています。
お電話のご注文も承ります。

  
  陣田屋商店
 TEL 0594-22-0273
 FAX 0594-22-0271

床修理無事完成

先週金曜日から始まった床修理工事も無事完成しました。

コンクリートもきれいに打っていただきありがとうございました。
連続機などの製麺機も移動が完了し、
明日から綺麗な工場でバリバリやるぞう~~~

工場の床修理(2)

今日も朝から大工さん、左官屋さんに来ていただいています。

工場の床修理

9月5日のお昼から工場の床工事が始まりました。

工場は先代から昭和20年後半に建てたように聞いています。
床はずっと板の間でした。
その為、機械の重さに耐えられず、
だんだんと沈んでいくように感じられていました。

製麺機は重量物で専門の方に移動していただき、
そこにコンクリートを打つようにいたしました。

090501.jpg
板の床をめくり、掃除して砂利を入れているところです。

小さな古い工場ですがまだまだ、手をかけて、
あちこちと修理しながら大切に使わせていただくことになります。
090502.jpg
コンクリートを打った状態です。

ここから表面の仕上げをしていただきます。

扇風機をかけて乾燥させます。

竹内春翠社中展 

いつもお世話になっている
多治見市在住の竹内春翠先生が主宰する
「第32回 游心書法會社中展」が開催されます。

今回は案内状によると
先生が所蔵する筆1000本を展示されるようです。
   083001.jpg

以前、先生が20m四方の紙の上に書かれた時の筆を持ちました。
鋼鉄が筆の芯に入っていてとても重く、
墨をつけての重量は量り知れません。

体力勝負の書の世界を感じたのでした。

-----------------------------------------------
「第32回 游心書法會社中展」
開催日時  9月11日(木)~15日(月) 
        (12日(金)と13日(土)は夜9時まで)
開催場所 多治見市文化会館展示室 A・B
プロフィール

DANJI

Author:DANJI
製麺所の親爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
最新トラックバック