FC2ブログ

竹内春翆の世界 

多治見市文化会館で8日(水)まで開催の
「うまどし 春翆の世界」展に行ってきました。

春翆先生は当店の釜揚うどん、らーめんなどほとんどの袋や箱の文字を
書いていただいている先生です。

先生は多治見市を拠点に中国、韓国、フランスなど
ヨーロッパ、日本の「書」を世界に広める活動をされている方です。
また、日本人にとってもこの大切な書道を広く伝えようとされています。

お昼から車でビユ~ンと1時間ぐらいで
目的の多治見市文化会館に到着。

それではご紹介します。

0108002.jpg
        「うまどし 春翆の世界」の入り口

今回の「うまどし 春翆の世界」では
ご自分の作品を約1000点展示されている・・・
とお話しされています。

受け付けを入るとすぐに
宮沢憲治
「アメニモマケズ」
と左手で書かれた作品が展示されています。
(写真を撮りませんでしたのでゴメンなさい)

正面には西野愁草子先生が詠まれた俳句を
真っ赤な大きな生地の布に書かれれいます。

010801.jpg
           春翆先生と一緒に撮りました

いつも圧倒的される作品。
そしてこの世界観。
作品はどれも表情が変わり
一つとして同じ作品はないように感じます。

0108003.jpg
    お見せできる範囲で撮影しました。


今回は特に中国の紙でなく絹布地に
直接墨文字を書いて多くの作品にされていました。
(西野愁草子先生が詠まれた句を書にされたようです。)

いつ、どれだけの数を書いてみえるのだろう?

0108004.jpg
      この筆は中国や可児市文化創造センターなど
       ど!でかい作品をパフォーマンスされる
           時に使う筆達です。

余談となります・・・
写真では大きさが伝わりにくいですが持ってみるとめちゃ重い。
びっくりです。
「えいや~~」と・・・

これは墨をつけて重量(水分を含み)
が増してきて、
なかなか振り回して
書くことができませんね。
                
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

DANJI

Author:DANJI
製麺所の親爺です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
最新トラックバック